ロゴ

プログラミング初心者がアプリ開発を目指すブログ

【Python入門】Python Setの操作(続き) – Python初心者勉強記010

Python Setの操作の続きを見ていきましょう。

セットの読み込み

.issubset(iterableオブジェクト)
で全要素が指定オブジェクトの要素に含まれているかどうかを調べることができます。

.issuperset(iterableオブジェクト)
で指定オブジェクトの全要素が含まれているか調べます。


>>> x=set([1,2])
>>> x.issubset([1,2,3]) # xは[1,2,3]の部分集合になる
True
>>> x.issubset([2,3,4]) # xは[2,3,4]の部分集合にならない
False
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.issuperset([2,3]) # xは[2,3]の上位集合になる
True
>>> x.issuperset([3,4]) # xは[3,4]の上位集合にならない
False

セットの更新

addメソッドで新たな要素をセットに追加することができます。
.add(追加要素)
追加要素が既にセット内に存在する場合は何も追加されます。

・要素の論理和で更新する
updateメソッドで指定オブジェクトに共通して含まれる要素以外を追加してセットを更新します。
.update(iterableオブジェクト)

・要素の論理積で更新する
intersection_updateメソッドで指定オブジェクトに共通して含まれる要素をのこして更新します。
.intersection_update(iterableオブジェクト)

・要素の差集合で更新する
difference_updateメソッドで指定オブジェクトの要素を削除してセットを更新します。
.differnce_update(iterableオブジェクト)

・要素の対称差で更新する
symmetric_difference_updateメソッドで指定オブジェクトに共通して含まれる要素をセットから削除して更新します。
.symmetric_difference_update(iterableオブジェクト)


>>> x=set([1,2,3])
>>> x.add(4)
>>> x
set([1, 2, 3, 4])
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.update([2,3,4])
>>> x
set([1, 2, 3, 4])
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.intersection_update([2,3,4])
>>> x
set([2, 3])
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.difference_update([2,3,4])
>>> x
set([1])
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.symmetric_difference_update([2,3,4])
>>> x
set([1, 4])

セットの削除

.discard(削除する要素)
で指定した要素を削除することができます。

.pop(削除する要素)
で任意の要素を取り出して、削除することができます。

.clear()
で全ての要素を削除することができます。


>>> x=set([1,2,3])
>>> x.discard(2)
>>> x
set([1, 3])
>>> x=set([1,2,3])
>>> x.pop()
1
>>> x
set([2, 3])
>>> x.clear()
>>> x
set([])

Python入門講座の次の記事はこちら => 【Python入門】Python 条件分岐とループ – Python初心者勉強記011

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA