ロゴ

プログラミング初心者がアプリ開発を目指すブログ

Swingでスクロールバー機能を利用する-JScrollPaneクラスの使い方- Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-027

Java SwingでGUIにスクロールバーの機能を追加する方法を紹介していきます。コンポーネントをJScrollPaneクラスのオブジェクトに追加するとコンポーネントの周りにスクロールバーを表示することができます。
実行イメージはこんな感じです。よく見ていただくと、スクロールバーが表示されているのがわかるかと思います。
scrollPane

使い方はとても簡単なので、さっそく見ていきましょう。

JScrollPaneの使い方

JScroll Paneを使うには、コンストラクタを使ってJScrollPaneクラスのオブジェクトを作成する必要があります。この時、引数にスクロールバーを設置したいこコンポーネントを指定します。


JPanel mainPanel = new JPanel():
JScrollPane scrollpane = new JScrollPane(mainPanel);

また、JScroll Panelクラスのオブジェクトを作成してから、setViewportViewメソッドを使ってコンポーネントを指定することもできます。


JPanel mainPanel = new JPanel():
JScrollPane scrollpane = new JScrollPane(mainPanel);
scrollpane.setViewportView(mainPanel);

以上で完了です。これで、スクロールバーが実装されます。

それではサンプルコードを見ていきましょう。
前回、作成したTaskViewのメインメッソドを変更して、スクロールバーを実装しています。
[TaskView.java]
<

アプリ開発記の次の記事はこちら => アプリでタスクを一覧表示する(SpringLayout,スクロール機能の実装)- Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-028

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA