ロゴ

プログラミング初心者がアプリ開発を目指すブログ

Java Swing ActionEvent – Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-019

今回はActionEventのメソッドについて見ていきます。

リスナーの設置方法は前回の通りです。

public class ButtonListener implements ActionListener{
public void actionPerformed(ActionEvent e){
/* 処理内容 */
}
}

getActionCommandメソッド

getActionCommandメソッドはコンポーネント側で設定した”コマンド文字列”を読み取ります。

コマンド文字列はsetActionCommandメソッドを使ってあらかじめ設定しておきます。
これをgetActionCommandメソッドにてよみとります。これによって押されたボタンを識別したり、ボタンの状況をメッソドに渡すことができます。

public class ButtonTest extends JFrame implements ActionListener{

JButton button = new JButton(“Push”);
button.addActionListener(this);
button.setActionCommand(“push”);

public void actionPerformed(ActionEvent e){
String cmd = e.getActionCommand();
}
}

getWhenメソッド

このメソッドはボタンが押された時間をlong型で返します。
戻り値はlong型の値なのでDateクラスなどを使って見やすい形にする必要があります。

public class ButtonTest extends JFrame implements ActionListener{

JButton button = new JButton(“Push”);
button.addActionListener(this);

public void actionPerformed(ActionEvent e){
long time = e.getWhen();
DateFormat df =
DateFormat.getDateTimeInstance(DateFormat.FULL, DateFormat.FULL);
String clickTime = df.format(new Date(time));
}
}

次回、アプリに実装を行います。

アプリ開発記の次の記事はこちら => ActionEventでコンボボックスのデータを追加する処理の実装 – Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-020

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA