ロゴ

プログラミング初心者がアプリ開発を目指すブログ

Swingでフレームを表示させる方法 – Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-002

今回はSwingでフレームを作成してみます。
Mainクラスはなるべくスッキリさせたいので、Frameを作成する用のクラスを作成します。

import javax.swing.JFrame
でJFrameパッケージを使えるようにする。

Swing内のJFrameクラスを継承したクラスMainFrameを作って、
setTitle(title)でFrameのタイトルの設定
setBounds(100, 100, 900, 600)でFrameの左上x座標,y座標,幅,高さの設定setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE)で☓ボタンが押された時に終了するように設定

[MainFrame.java]


package outer;
import javax.swing.JFrame;

public class MainFrame extends JFrame{
	public MainFrame(String title){
	    setTitle(title);//Frameのタイトルの設定
	    setBounds(100, 100, 900, 600);//Frameの左上x座標,y座標,幅,高さの設定
	    setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);//☓ボタンが押された時に終了する
	  }
}

これをMainクラスで呼ぶとこんな感じ

[Main.java]


import outer.*;
public class Main {
	public static void main(String[] args) {
			MainFrame mainframe = new MainFrame("title");
			mainframe.setVisible(true);
	}

}

実行してみる。
Java swingでフレームを表示させた

フレームの完成。この上にボタン等を置いていきます。

今回使用しなかったJFrameの機能

・フレーム左上のアイコンの設定方法
setIconImage(Image image)
この時、画像部分には、ImageIconクラスを使用します。
ImageIcon imgicon = new ImageIcon(“画像へのリンク 例えば ./img.png とか”);
Image image = imgicon.getImage(imgicon);
setIconImage(image);
でオッケー。

アプリ開発記の次の記事はこちら => パネルを置いてアプリをデザインしていく – Javaでデスクトップトップアプリ(予定&ToDo管理)を作る-003

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA